【レポート】第30回例会を開催しました。

2019年2月12日の加飾技術研究会 第30回例会を開催しました。

80名を超える参加者にて盛会となりました。

 

 今回の例会では、桝井副会長より、2019年1月31日~2月1日に開催された3次元表面加飾技術展(コンバーティングテクノロジー総合展)の報告をいただきました。加飾技術研究会の会員合同出展の様子、各社の出展状況などを交えて、開催から1週間強という短期間にも拘らず、大変詳しい解説をいただきました。加飾技術研究会の合同出展は、300名を超えるブース来場(名刺交換)があり、3日間常に大盛況でした。

 

スクリーン印刷・超圧空成形メーカーである株式会社名栄社様より「超高圧成形機を使用した加飾部品製造の可能性」と題して、会社と技術のご紹介をいただきました。名栄社様は愛知県に拠点を構え、製版、スクリーン印刷、高圧成形と、製品と技術を発展されています。

  

 

最後に、ピクセルエー山本様より「テクスチャーデザイン最前線2019」の御講演をいただきました。海外のモーターショーや家電見本市などの、最新テクスチャ―デザインの状況を、膨大な写真と動画を交えてご紹介いただきました。欧米の自動車メーカーを中心とした製品の高付加価値化とそこで用いられるテクスチャ―デザインの先進トレンドを肌で感じることができました。

 

講演後、同会場で懇親会を開催しました。参加者同士の技術交流が活発に行われました。

次回は、6月に総会・例会を東京で開催予定です。

 

【開催概要】

名称:加飾技術研究会 第30回例会

主催:加飾技術研究会

開催日:2019年2月12日(火)

場所:北とぴあ スカイホール(14F)(東京都北

区王子1丁目‐11-1)

コンバーティングテクノロジー総合展 3次元表面加飾技術展報告」(加飾技術研究会理事 桝井捷平様)
「株式会社名栄社 超高圧成形機を使用した加飾部品製造の可能性」(代表取締役 山田健雄様
「テクスチャーデザイン最前線2019」欧州モーターショー/欧米家電見本市から読み解く質感素材動向(株式会社ピクセルエー(PIXEL.A)  CEO 山本義政様)

【レポート】三次元表面加飾技術展2019に出展しました。

加飾技術研究会が、2019年1月31日から3日間、東京ビッグサイトで開催された三次元表面加飾技術展2019にて合同出展を行いました。

 

加飾技術研究会は会員企業様7社の合同出展を行いました。

出展ブース外観

加飾技術研究会 展示サンプル/RocTool様精密成形品/村田金箔様加飾箔

 千代田インテグレ様 液晶パネルのスモーク着色/金属調加飾
 

精工技研様 加飾成形品/微細転写用スタンパ

日研工業様 真空成形・3Dラミネート

星製作所様 和紙インサート成形/本杢インサート成形
 

アイカ工業様 OMD(アウトモールド加飾)/特殊アクリルフィルム

日本ポリプロ様 外観向上(タルク複合)PP/塗装・着色樹脂リサイクル

ロンビック様 PP高彩色マスターバッチ/メタリック・パール調着色
  

 

会期を通じて、300名以上の来場(名刺交換)と多数の技術相談や問い合わせをいただき、活況のうちに幕を閉じました。
次回の例会(2月12日)には、三次元表面加飾技術展で講演を務められた加飾技術研究会桝井副会長による展示会報告と、ピクセルエー山本様によるテクスチャ―デザインの講演を予定しています。

【開催概要】

名称:三次元表面加飾技術展2019

主催:加工技術研究会・JTBコミュニケーションズ

開催日:2019年1月30日(水)~2月1日(金)

場所:東京ビッグサイト 東ホール